Project Description

酒粕そのままを石鹸素地に練り込んだ酵素力の美顔石鹸

 勝山石鹸は仙台伊達家御用蔵『勝山酒造』独自の製法で生まれた米糀を使用した美顔石鹸です。

 

ひとつ、ひとつ、手で作る
60日間、丹精込めて作り上げる勝山石鹸。
勝山石鹸は酒粕そのままを石鹸に練り込みました。
こだわりの米。こだわりの水。違いは米糀の酵素力。

一.日本で唯一殿様酒に受け継がれてきた米糀
1688年創業、300年余り前より代々受け継がれてきた勝山独自の製法で生まれた米糀を使用。

二.水
仙台泉ヶ丘の麓から汲み上げた『美しい軟水』の地下水を使用。

三.米
日本でも有数のミネラル含有量を誇る六甲山地北側の丘陵部の中でも特A地区産の山田錦を100%使用。

image2

image3

酒粕含有量は2倍!(当社比)
酵素力を生かすために石鹸素地にそのまま練り込みました。

●杜氏の手の美しさの秘密は米糀の酵素力

日本で最も偉大な武将 伊達政宗公の御用蔵として唯一”殿様酒”を現代に継承する酒蔵 勝山。
300年余受け継がれてきた勝山独自の製法により生まれた勝山独自の米糀です。
勝山独自の米糀で醸した純米大吟醸の酒粕はとても酵素力が強く、その力を十二分に生かすために酒粕そのままを石鹸素地に練り込みました。

*酒粕について*
日本食品標準成分表によると、酒粕の成分は、水分51%・炭水化物23%・蛋白質13%・脂質・灰分となっており、他にもペプチド・アミノ酸・ビタミン・酵母などが含まれているので、栄養素に富んでいます。

●酒粕に含まれる成分の美白効果への期待

シミ・ソバカスは、皮膚のメラニン色素の沈着により起こります。
このメラニン色素の発現は次のメカニズムによります。
即ち、アミノ酸の一種のL-チロシンにチロシナーゼという酵素が作用して、ドーパクロムという メラニン色素になる前の物質ができます。
このドーパクロムがメラニン色素に変わる事により、シミ・ソバカスができたり、日焼けして皮膚が黒くなったりします。

しかし、チロシナーゼの働きを阻害する酵素を加えると、ドーパクロムは生成できません。

このチロシナーゼの働きを阻害する物質の代表の一つが、遊離リノール酸で、酒粕には大量に含まれています。
この事から、酒粕には美白効果があるものと、期待されます。
昔から、酒造りに携わる人の手は白くつやがあるといわれるのは、この為だと言われています。
うるおいを逃さずにお肌のきめを整え、すこやかに保ちます。
石けん職人による伝統の製法で、じっくり熟成(約90日間)させました。豊かな泡立ちで、洗顔にも最適です。

image4

image7

動物性、保存料、化学物質等は一切使用せず
原料はすべて植物性・国産のものを使用しています。

日本全国から素材を厳選。
徹底的に国内原料にこだわりました。

石鹸の製造に必ず必要であるアルコールも日本酒のアルコールを使用。
酒粕が持つ美容効果をそのまま生かすため、酒粕そのままを石鹸素地に練り込みました。

ひとつ、ひとつが手作りであり、製造期間は60日を要します。
勝山石鹸は、安心できる品質をお客様にご提供したいという思いから天然油脂鹸化法で製造しています。

image5

石鹸の製造方法について

1.輸入石鹸チップによる製造方法

添加物がすでに大量に含まれている海外から輸入した安い石鹸チップが使用されています。香料や保湿剤、エキスなどを混ぜて練るだけで石鹸ができあがります。また、輸入物の石鹸チップの中に添加物が入っているうえに、日本国内で添加物をさらに加えるなどをして多量に入っている可能性があります。

2.脂肪酸中和法

油脂を脂肪酸とグリセリンに分離し、脂肪酸だけをアルカリで中和して石鹸をつくります。この製法の場合、グリセリンを含まないため洗浄力が強い反面、お肌に対する保護力に欠けます。そのため、グリセリンや保湿剤、その他の添加物を再度加え、調整して製品にします。均一な石鹸がわずか4~5時間で大量に生産できます。

3.天然油脂鹸化法(伝統的な石鹸製造法)=勝山石鹸製造法

油脂を苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)で反応させて時間をかけてつくりあげることで、油脂に含まれていた天然のグリセリンが自然な形で溶け込み、マイルドで高品質の石鹸ができあがります。熟成期間がかかりますが、グリセリンやその他美肌に関係した成分が残り、洗い上がりはしっとりしてツッパリ感がなく、肌に優しい石鹸となります。

 

勝山石鹸は生きている!
酒粕の酵母が鮮やかな満月のような色合いに。

勝山石鹸は酒粕そのものを石鹸素地に練り込みました。
石鹸の黄色身は発酵している証し。
酒粕の酵母が日に日に力を増して美肌効果を高めるのです。

 

美肌の基本は洗顔から~酒粕の成分について

酒粕は、アミノ酸やミネラルを豊富に含んでいるために、細胞の新陳代謝を促します。
強い抗酸化作用を持つフェルラ酸やシミをつくるチロシナーゼを阻害する遊離リノール酸も含有。
杜氏の白い美しい手の秘密は、酒粕の美容効果から。

 

勝山石鹸には『伊達ノ殿様酒』同様、こだわりがそのまま詰まっています。

勝山の創業は元禄元年の1688年にして、稀代の美食家、文化人である戦国武将伊達政宗公の伊達家御用蔵。
仙台伊澤家 勝山酒造株式会社の社是は殿様である武家の流儀や遊び心をベースにした“殿様酒”文化をこの現代に復活させ、同時に伊達政宗公の偉功を世に広めることに御座います。
また同時に、仙台の美食美酒文化を支える次世代を担う子供から大人たち迄の健康と食育へ貢献することで、伊達の都仙台の精神的柱となり、仙台で生まれた事への誇りを育む土台となれることと信じております。

『伝統を踏まえた創造の先に、果敢な心意気と郷土愛が宿る』
十二代目蔵元 伊澤治平

image9

伊達家御用蔵 勝山

創業1688年、320年以上続く銘酒醸造元 勝山のお酒はすべてキレイなお米・お水・米糀のみで造り上げる純米大吟醸・純米吟醸のみに特化した少量手作り生産/最高級品志向に徹しております。

  • 全国新酒鑑評会(日本開催)
  • 5年連続金賞受賞
  • 国際品評会(ベルギー開催)
  • 「世界モンドセレクション」
  • 純米大吟醸が3年連続特別金賞受賞
image10

image11